コ ラ ム

2017.08.14  最終更新



(2017.08.14)
このコラムの更新は久々となる。

前回、コラムを書いたのが6月6日である。
それ以来だから、約2ヶ月ぶりとなる。



その間、抑うつ状態となり寝室で横になっていた。
2週間前くらいから、やっと抑うつ状態を脱した。




思い起こせば、この約2ヶ月の間、様々なことがあった。


一つは、東京都議選における自民党の大敗である。
大敗の原因は明らかである。

森友学園問題、加計学園問題。
それに加え、元防衛大臣の問題発言、自民党国会議員のスキャンダル。

国民、都民がこれを許すはずもない。



滑稽だったのは、その後、内閣改造を終えた安倍晋三首相の態度である。
テレビ会見では、急に態度を反転。
深々と国民に頭を下げ、謝罪した。

この謝罪を本気にする国民は少ない。




先の国会では、答弁に立った安倍は野党を批判するだけでなく、閣僚席から野党を野次った。
このような品のない首相は見たことがない。

その安倍晋三が一夜にして、態度を急変させる。
誠に、信じがたいことである。
政治家がいかに嘘つきであるかの証明である。






しかし、安倍晋三は、ついているのかもしれない。
このような時、北朝鮮と米国のチキンレースが始まった。


北朝鮮は、日本列島を通り越して、米国のグアム付近にミサイルを打ち込むという。
これに激怒したトランプ米大統領は、北朝鮮を恫喝。

両国とも非常識な指導者だけに、何が起こるかわからない。


日本も被害を受けるかもしれないという危機感が広がっている。



このような事態に陥ると、日本国民の国防意識は高まる。
国民の考えも右傾化する。

右翼的な安倍晋三は、ほくそ笑んでいることだろう。


さて、北朝鮮と米国のチキンレースは今後どのような展開を見せるだろう。
見ものではある。

(2017.06.06)
今までは、安倍晋三という政治家はクリーンな右翼だと思っていた。

しかし、森友学園問題、それに引き続く加計学園問題を見聞きするにつけ、彼は従来型の薄汚い政治家のように思えてきた。




森友学園について言えば、安倍晋三、官僚の言うことに多くの国民が納得していない。


篭池氏が国会の証人喚問に応じたのに対し、安倍昭恵夫人も関係した閣僚も証人喚問には応じない。

どちらかが嘘をついているのだが、政府には真相を明らかにする姿勢がない。
ということは、安倍昭恵夫人、政府にやましいことがあるのだろう。






次に降って湧いた加計学園問題。
内閣府が文部科学省に圧力をかけたと思える文章が発覚。

政府は知らぬ存ぜぬを通していた。


そこへ、前文部事務次官、前川喜平氏の証言が飛び出す。
前川喜平は国会の証人喚問に応じるという。
しかし、与党はこれを拒否。


政府・自民党には真相を解明する姿勢が見えない。
それどころか、前川喜平氏の私生活について攻撃を続けている。




加計学園問題は、安倍晋三首相と直接に関係することと思われている。
ここに、森友学園問題との違いがある。
安倍氏自身に疑惑がかかっているのである。


巨大与党である自民・公明はこれに取り合わず、無視しようとしている。
野党勢力が大きければ、こういう事態にはなっていないであろう。


巨大与党は数を頼りに、国会を乗り切ろうとしている。





しかし、安倍晋三には、強大な敵がいる。
それは、国民世論である。


安倍晋三に対する支持率は低下するであろう。
政府・自民党の支持率も低下するはずだ。


そのとき、安倍晋三、政府・自民党はどう出るのか。
興味深いところではある。






最後に言っておきたいことがある。
官僚は国民のために働いているのではない。
政府・与党のために働いているのであり、自己の省庁の権益のために働いているのである。


そして、その本質は、自分の出世のために働いていることにある。
出世のためなら、なんでもする人間たちなのだ。


事実、真実などはどうでもいい。
政府・与党に睨まれれば、途端に出世の芽はなくなる。


今国会では、このような官僚の姿勢が随所に見られた。
これも興味深い。

(2017.05.26)
「共謀罪法案」が衆議院を通過した。
国会のこれまでの議論で、この法案の問題点が明らかになりつつある。


政府・自民党、公明党、維新の会は、テロ防止法案だという。



しかし、国会の議論を聞くにつけ、単なるテロ防止のための法案でないことが分かる。
対象となる行為がおよそテロとは関係ないものまで含まれている。



このことは、金田勝年法務大臣の「花見発言」に象徴される。
弁当を持ち、花見に行けば、共謀罪には当たらない。
しかし、望遠鏡、地図を持っていれば、共謀罪の対象となるという。


メチャクチャな議論だ。



そもそも、この金田勝年は法務大臣に値しない。
法務委員会に置いて、野党側の質問にはほとんど答えることができない。
無知無能な法務大臣なのである。

そのため、代わって、官僚に答弁させる始末だ。


この官僚の答弁がさっぱり分からない。





評論家の田原総一朗は言う。
この「共謀罪」は、「治安維持法」であると。


戦前の治安維持法は、国民の言論を弾圧した。
体制に反対する者を投獄。

果ては、戦争に反対を唱えただけで警察にしょっぴかれ、投獄された。
獄死した国民も多い。





前回、コラムに書いた「教育勅語」。
今回の「共謀罪法案」。
更に、最近の安倍晋三首相の一方的改憲発言。



いよいよ、日本は戦前に戻りつつある。
国民がこのことに気づき、声を上げるのは今だ。

(2017.05.13)
もう30年くらい前のことであろうか。
文部科学省が学校教育において、「道徳教育」を強化することを表明した。


一般国民は、これに賛成。
当時、学校現場は荒れ、児童・生徒の問題行動が表面化していたからだ。
これらの問題に対応するには、「道徳教育」の必要性が叫ばれた。



しかし、学習指導要領を見る限り、文部科学省の狙いは違っていた。
当時から、文部科学省は「道徳教育」の内容として、今回森友学園問題で注目を浴びた「教育勅語」を目指していた。

何も文部科学省が悪いのではない。
問題の根源は、政府・自民党にある。



最近、憲法改正の論議が盛んになってきたが、これは政府・自民党にとって好都合なのである。
彼らの目指すのは、分かりやすく言えば、戦前の大日本帝国なのである。



天皇を頂点にいただき、臣民たる国民が、天皇・国家のためにつくすことなのである。
その中において、国民の生活、幸福が保障されるという考えなのだ。


国民は知らず知らずのうちに、騙されてこの路線にはまっている。






かつて、私が大学の附属中学校に勤務しているとき、こんなことがあった。
職員会議で、「同和教育」について議論していたときのことである。


ある教員がこう発言した。
「同和教育は道徳教育の中で行えばいいと私は考える」

なんという問題発言。
差別発言と言っていい。



「同和教育」と「道徳教育」というのは、全く別物なのである。
と言うより、逆方向の指向性をもった教育だ。


教員が自分勝手に、「同和教育」、「道徳教育」を解釈し議論してはならない。
この発言をした教員はまさしくこれなのである。

「同和教育」を分かっていない。
「道徳教育」を分かっていない。
従って、両者の関係が分からないのである。






角度を変えて言うならば、「同和教育」は左翼的思想から成り立っている。
他方、「道徳教育」は右翼的思想から成り立っているのである。
両者は相容れない。

「同和教育を道徳教育の中で行う」とは、左翼的思想を右翼的思想の中で教えると言うことになる。
全くの矛盾。




現代の若い教員は、「同和教育」を知らない。
同時に、政府・自民党が画策している「道徳教育」の本質を知らない。


かくして、日本の学校教育は戦前回帰していくのである。

(2017.05.11)
前回、このコラムを書いたのが、1月16日である。
その後、約4ヶ月間何も書いてこなかった。

その間、色々なことがあったが、入院だけは免れている。




さて、4ヶ月の間、国内、国外で様々な事件が起こった。
ここで、それらについて一気に書くことはできない。



今回は、いわゆる「森友学園問題」について考えてみたい。
この問題の核心は、国有地が不当に安い価格で売却されたことにあるという。



しかし、私はそのことよりも、学園が子どもたちに「教育勅語」を暗唱させていたことに大いなる問題を感じる。
しかも、この暗唱を安倍晋三首相の妻である「安倍昭恵」が絶賛したという。
おそらくは、安倍晋三も「教育勅語」に意義を感じているのであろう。



これほど危険なことはない。



このコラムの読者の多くがご存知のように、「教育勅語」は、戦前・戦中において、「臣民」としての国民のありようを天皇が述べたものである。
「臣民」とは平易に言えば、天皇の家来のことである。

天皇を大日本帝国の頂点にいただき、その家来である「臣民」のありようを述べたのが、「教育勅語」である。
そして、「教育勅語」は、軍国少年・少女をつくるのに使われたのだ。



このような生い立ちを持つ「教育勅語」を評価する動きがあることに危機感を持つ国民も多いことであろう。





いや、そうではないのかも知れない。
「教育勅語」という言葉やその内容を知らない若者も多いかもしれない。
知らないということは恐ろしいことである。


いつの間にか、知らず知らずのうちに、戦前教育に引き戻される危険性がある。




政府・自民党はこう言う。
「教育勅語の中にも、いい部分がある」
「家族・友人を大切にする心の育成などである」



しかし、これらは「教育勅語」を通して教えられるべきものではない。
戦前・戦中の教育の反省に基づき、新たな価値観として教えられるべきものである。

(2017.01.16)
1月13日(金)、月に一度の内科へ通院の日。

私は既に覚悟していた。
入院になるだろう。


糖尿病が悪化し、飲み薬だけでは対応できなくなっていた。
残るは、インスリン注射だ。

インスリン注射は、毎日自宅で自分で行う。
ただ、そこまで行くのが大変なのだ。



まず、個人個人に合うように注射するインスリンの量を調整しなければならない。
注射の方法を学習する必要もある。

そのためには入院が必要なのだ。
最低、4週間の入院。



気が重い。
4週間の間は何もできない。
家族も困る。



しかし、仕方がない。
私は徐々に入院の準備を進めていた。
妻には、私がいない間にすることを言い伝えた。




通院当日。
いつものように血液検査。



やはり、血糖値は良くなかった。



診察室で私は言った。
「いよいよインスリン注射ですか」

「インスリン注射をすると太るからねぇ」と主治医。
「一週間に一度、インスリン注射のために通院する方法もあるがね」


それならば、願ったり叶ったりだ。
一週間に一度の通院ならばわけはない。



主治医はこう言った。
「この飲み薬を試してみようと思うんだ」


主治医は薬について説明を行う。

説明は、こうだ。
糖尿病患者は、腎臓で糖を再吸収する力が強いらしい。
そこで、その吸収を抑え、糖を尿に排出する薬を使おうというわけだ。

注意点についても説明があった。
欠糖症状に気をつけること。
水分を多めにとること。




私は複雑な気持ちになっていた。


インスリン注射、入院は逃れた。
しかし、この薬、果たして効果があるのだろうか。



今の主治医になり、飲み薬は2種類追加された。
だが、効果はなかった。

しかし、主治医の指示に従うしかない。




最後に主治医が言った。
「早く体重を落としなさい」

このことは十分分かっている。
しかし、食べる量を減らしても体重は落ちない。



後は、運動をするだけ。
しかし、この運動というのが私には非常に難しい。

(2017.01.05)
2017年になり5日が過ぎた。
前回のコラムの更新が、昨年の11月12日である。
前回の更新から、およそ2ヶ月が過ぎた。


この間色々なことがあり、落ち込んでいた。
いわゆる「うつ状態」である。



落ち込んだきっかけはこうだ。

1年前のことだ。
私は、以前から糖尿病を患っている。
当時、主治医から眼科へ行くよう言われた。
糖尿病が目に影響しているかどうか調べるためだ。


すぐに近くの眼科を受診。
糖尿病の影響はなかったが、「白内障」と診断された。
眼科医には、手術を勧められた。

しかし、当時はその気がなかった。



それから1年が過ぎた。
「白内障」のことが気になり始めた。

母を眼科に連れていったついでに、眼を診てもらった。
やはり、白内障だと言う。
手術を勧めれた。



視力が落ちているため、このままでは運転免許の更新ができないとも言われた。
運転免許を失うと、田舎では不便この上ない。
手術を決断した。

その眼科では、手術をしていない。
福山市にある有名な眼科を紹介された。
この眼科は評判も良く、世間の評価も高い。



2日後、診断書を持って、電車で福山市に向かった。
手術ができるものと思っていた。


しかし、


眼科医が言うには、今のままでは手術ができないと言う。
糖尿病の数値が高いからだ。
1ヶ月後に再来院するよう言われた。


帰りの電車の中で考えていた。
1ヶ月後に受診したとしても、糖尿病の数値は簡単には改善しない。
1ヶ月後に受診しても手術は受けられない。



その日から落ち込みが始まった。
何もする気がしない。
一日中寝たきりの状態となった。
起きることもできない。


精神科へ行って、その間の事情を話した。
しかし、何の解決にもならない。


糖尿病を診てもらっている内科医にも事情を話した。
内科医には、福山市の眼科医から連絡がいっていた。


内科医は、こう言った。
「何とかしないといけないね」
「もう1ヶ月、今の薬で様子をみて、ダメならインスリンだな」



いよいよ、インスリン注射か。
気が重い。
当分、「うつ状態」から抜け出られそうにない。

(2016.11.12)
何も電通に限ったことではない。
「過労自殺」のことだ。

日本において、「過労死」「過労自殺」が問題視されて久しい。
しかし、企業も政府も有効な手段は取り得ていない。


今回も過労自殺者が出てから、労働基準局がやっと動き出した。
今更動いたところで、失われた命は返ってはこない。




今回は、「過労自殺」が労災認定されたため、メディアに取り上げられた。
労災認定を勝ち取るのは至難の業である。

遺族の粘り強い努力、自殺に至るまでの経緯の証明。
これらは、並大抵のことではない。




おそらく「過労自殺」でありながら、泣き寝入りしている遺族は多いはずだ。
電通の問題は、氷山の一角。





電通は、長時間労働を防止するため、午後10時には会社の照明を消すという。
それで、電通は問題が片付くとでも思っているのか。


社員は、午後10時までに終えることができなかった仕事はどうするのか。
仕事は溜まる一方だ。

結果、持ち帰り仕事をすることになる。
それができなければ、休日出勤だ。


電通は、社員一人当たりの仕事量を減らす必要がある。
それができないのであれば、社員を増やすことだ。
そうしなければ、今回の問題は解決しない。

(2016.11.10)
日本時間の昨日午後、トランプが大統領選に勝利した。
この予想外の出来事の分析は、各マスコミで論じられているので、ここでは触れない。


一つ、奇異に思うことがあるので、そのことについて書く。
昨日、トランプ優勢が伝わると、日経平均株価は大幅に下げた。
一時、1,000円余りも下げる場面が見られた。



問題はその次だ。
その後のアメリカ市場も株価を大幅に下げると思ったのだが、逆だった。
NYダウは大幅に上げた。



果たして、アメリカの経済界は、トランプを容認したのか。
それは考えにくい。

ただ、トランプが公約通りの政策を打ち出せば、公共投資は増大するだろう。
また、旧態然たる産業にも光が当たる可能性はある。
これらの思惑から、株が買われたのかもしれない。


ただ、これは一時的な現象のように思える。
これ以上株価が上がれば、当然利食いも出てくる。
この相場は長く続かないというのが、私の読みだ。




付け加えになるが、NYダウが続伸したことから、今日の日経平均株価は大幅反発。
1,000円以上も上げた。
1,000円下げて、翌日は、1,000円上げたことになる。
まさしく、ジェットコースターだ。
大儲けした投資家もいるだろう。



さて、明日はどうなるか。
ここは、当分手を出さず、株価を眺めるだけにしよう。

(2016.11.08)
クリントンは本当にアメリカ大統領選挙に勝てるのか。

日本時間の昨日早朝、「FBIはクリントンのメール問題を訴追せず」との報が伝わった。
これを受け、日経平均株価は大幅に上昇。
続けて、ヨーロッパ、アメリカでも株価は大幅続伸した。


金融界では、トランプが大統領にならないとのリスクオンの状態になったからだ。




FBIがメール問題を再調査すると発表して8日間。
「FBI政局」は8日間で終わった。
このFBIの動きには大きな疑問を感じる。

そもそも、クリントンのメール問題は一件落着したはずだ。
それを投票日間近になり、また蒸し返す。
理由も公表されていない。


何か裏にFBIの陰謀が隠されているような気がしてならない。



それはともかく、「訴追せず」との報は、クリントンに有利に働く。
しかし、これだけでは、大統領選の決め手にはならない。

トランプの追い上げは急である。
トランプの発言は、白人の中産階級を代表するともいう。
トランプは、それらの人間たちの本音を語っている。


加えて、大統領選の票読みの難しさもある。
単なる支持率だけで、新大統領は決まらないのだから。



私も投資家の端くれではあるが、ここは静観を決め込むことにしている。
大統領選の結果が出てから動いても遅くはない。

(2016.10.27)
「相続」は、「争続」とも言う。

亡き人間の財産を複数人が相続するとき、往々にして争いが起こる。
それを皮肉を込めて「争続」と言う。


私はかつて離婚問題で家庭裁判所に行っていた。
家庭裁判所で一番多い案件が相続。
二番目が離婚。


どうやら、離婚問題よりも相続の方がもめるらしい。




私とて、決して例外ではない。
私には欲の皮の突っ張った姉がいる。
この姉が着々と親の遺産相続を狙っている。



彼女はかつて言い放った。
「私は土地はいらん。金が欲しい」


我が家は田舎の農家。
土地の価値などない。
だれも無価値の土地など欲しくわない。


このような身勝手な姉に対抗するには戦うしかない。
利己的な欲のみを主張するような人間を許すわけにはいかない。



この姉。
今までも随分問題を起こしてきた。
何より許せないのは、嫁に出たにも関わらず、平然と実家に帰る。
それだけならまだしも、実家のことに口出しをする。

挙句の果てには、私達夫婦のことにまで口を挟む始末。



このことをきっかけに、私は姉との縁を切った。


父が亡くなり、母が亡くなったとき、私と彼女とで厳しい争続が始まる。
いや、もう始まっていると言っていいだろう。

私は、調停で終わることなく、裁判をしようと思っている。



彼女は幼い頃から、私に姉らしいことは一つもしてこなかった。
むしろ、私の足を引っ張り続けた張本人なのだ。

(2016.10.25)
本日、ドゥテルテ大統領が来日するという。
話題沸騰のフィリピン大統領だ。

このお騒がせ大統領、アメリカ大統領選挙より興味深い。



彼は決して民主的ではない。
超法規的に麻薬関係人を殺害したり、アメリカ大統領を口汚く罵っている。



私が興味深く見ているのは、彼が親中路線を取っていることだ。
今まで、フィリピンは南シナ海問題で中国ともめていた。
国際仲裁裁判所で争った関係である。

裁判所がフィリピンに軍配を上げたものの、彼が大統領になり外交は180度転回する。
ドゥテルテは、南シナ海問題を棚上げし、中国に接近する。



訪中したドゥテルテは、南シナ海問題を二国間協議とし、中国から多額の経済援助を手にいれようとしている。


フィリピンは今だに出稼ぎ大国だ。
自国にインフラも整備されておらず、産業も育成されていない。

ドゥテルテはフィリピンのこのような国情をよく理解しているとも言える。
そのためだろう。
超法規的に殺人を犯しても、国民的人気は高い。



ドェテルテが反米であるのは、その裏があるように思えてならない。
中国に接近することにより、アメリカに援助を迫っているのかもしれない。


超大国である中国とアメリカに挟まれた小国。
小国は小国なりに、生きる術を身につけつつあるような気がする。




ドゥテルテは親日家とも言う。
来日の目的はおそらく経済援助であろう。


南シナ海問題をテコにいかに経済援助を引き出すか。
彼の政治手腕には目が離せない。

(2016.10.21)
今日、HPの更新をしようとしたところ、トラブル発生。

このHP、「ホームページ・ビルダー」で作成している。
「ホームページ・ビルダー」は立ち上がるのだが、サイトが開かない。

サイトが開かないことには、更新はおろか、サーバーへのアップすらできない。





おかしなことだ。
昨日、更新、アップをしたときには異常はなかった。
それ以後、設定を変更した覚えはない。


設定をあれこれ調べてみた。
異常があるのは分かるのだが、何故そうなったかが分からない。


ともかく設定を直すしかない。
これが一苦労。
どうやっても小手先ではうまくいかない。



こうなれば、最初から設定のし直しだ。
・転送設定名
・FTPサーバー設定
    ・FTPサーバー名
.   ・FTPアカウント
.   ・FTPパスワード
・転送先フォルダ

これらを入力。
やっと、なんとかアップできるようになった。




私は、もう一つHPを作成している。
こちらの方も設定のやり直しだ。

ここで、またトラブル発生。
このことについては省略する。

(2016.10.20)
このところ、ある小市民の男性が私にしつこく言う。



「相続について考えておけよ」
「相続税は高いぞ」
「相続税対策をしろよ」

この言葉には、全くうんざりする。



彼は自分が資産家だとでも思っているのだろう。
アパートを二棟立て、経営している。
家の周りの田んぼを潰し、太陽光発電装置を設置している。

これらには、相当の資産をつぎ込んだはずである。
目的は相続税対策だと言う。



私に言わせれば、バカげた話である。
彼は、不動産屋、建築屋に騙されただけ。
太陽光発電屋に騙されただけ。



土台、大して資産のない者ほど、相続税対策に頭を悩ます。

しかもである。
自分の相続税対策なるものを私に忠告しようとは何事か。



言っておくが、私は原始共産主義者なのである。
原始共産制においては、私有という概念はない。
従って、相続という概念もない。




また、この御仁、かなりケチなのである。
一緒の職場にいた頃、何度か飲みに行ったことがある。

私がこの御仁におごったことは多々あるが、御仁におごってもらったことは一度もない。
他人にはケチで、自らの資産には執着する。
これでは、人は近づかない。
人は逃げていく。



そろそろ、この御仁切り捨てようかと思っている、。

(2016.10.19)
日本で「過労死」が話題になって久しい。
そんな中、「電通」の元社員の自殺が過労死として労災認定された。

自殺したのは、当時24歳の女性。
彼女は東京大学文学部卒業のエリート。


一説によると、彼女は長時間の過重労働に加え、パワハラも受けていたという。
今にしてみれば、自殺の兆候は多々あったともいう。





私的なことになるが、私も現職の頃、自殺を考えたことが多々ある。
精神疾患を抱え、加重な労働をこなしていた。
周囲の職員のいじめも受けた。

自殺すれば、どんなに楽だろうと何度も考えた。

精神科医にそのことを相談した。
精神科医は、冷たく言った。
「自殺の準備はしたことがあるのか」



私はもはやその問には、答えなかった。
精神科医は何も分かっていない。


かくして、生死の境をさまようこと7年。
ついに、上司も私のことを邪魔者扱いしだした。

私は決断した。
その場で辞表を書き、職場を後にした。




今、「過労死」、「パワハラ」で悩んでいる人に言いたい。
自殺するくらいなら、辞職しよう。
この世に、命より大切なものはない。

そして、自分の命は自分で守るしかないのである。


労働組合に頼っても無駄。
今の労働組合は、末端労働者のためのものではない。
労働貴族のための組合なのだから。



今の日本なら、まだ大丈夫。
職を失っても、生活していく手段はある。

生活保護法は、まだ機能しているのだから。

(2016.10.18)
何故、国際社会は北朝鮮の核開発にあれほど目くじらを立てるのだろう。

かつて、国際社会の反対を押し切って、核開発を進めた国はある。
例を挙げれば、「インド」、「パキスタン」である。
また、「イスラエル」は、既に核武装しているとされる。


その他にも、核疑惑を持たれている国もある。
「イラン」、「シリア」、「ミャンマー」である。




そもそも、第二次世界大戦の戦勝国だけが、核保有を認められるのは理解できない。
戦勝国とは、「アメリカ」、「ロシア」、「イギリス」、「フランス」、「中国」である。
「核拡散防止条約」で、これらの国々だけが、核保有を認められて良いのだろうか。


どの国も、自国を自力で守る権利がある。
自国を守るために、核兵器が必要と考える国もあるだろう。



日本とて、例外ではない。
アメリカ大統領選のトランプ候補によれば、日本からアメリカ軍が引き上げた後は、日本にも核武装を認めるという。
至極当然のことである。




日本は、三つの帝国主義国に囲まれている。
アメリカ帝国主義。
ロシア帝国主義。
中国帝国主義。

三国とも超核大国である。


このような状況で、日本が自力で自国を守ろうとすれば、核武装は必要となる。
今はアメリカ帝国主義の核の傘の下にいるからいいようなものだが、それが消失することも考えておかなければならない。


「平和のスローガン」を叫んでいるだけでは、自国は守れない。

いずれは核武装をする可能性がある日本。
北朝鮮を責めるだけでいいのだろうか。

(2016.10.13)
今、衆議院補欠選挙が面白い。

今回は、「東京都第10区」並びに「福岡県第6区」で補選がある。



東京の補選は、小池百合子が都知事に転出したことに伴うものである。
小池百合子の後釜は、「若狭勝」に決定である。
百合子フィーバーの続いている中、小池を都知事に推した若狭勝の勝利は間違いない。
小池も本気で応援する。


面白いのは、民進党も立候補者を立てていることである。
この人物、知名度は全くない。
勝てるはずはないのだが、民進党新代表の「蓮舫」が応援する。


マスコミは、「小池」対「蓮舫」の図式を面白おかしく報道している。
見どころの一つは、民進党が自民党にどこまで迫れるかだ。



東京では、自民党の「若狭勝」が当選するのだが、その後が見どころだ。
この選挙を通し、小池は自民党本部との関係を深める。
一方、小池は都議会自民党との仲は、まだしっくりきていない。

小池の狙いとしては、自民党本部の圧力をもって都議会自民党を支配しようとしているのであろう。





話を福岡に移そう。
福岡では、自民党分裂選挙となった。
「鳩山二郎」と「蔵内謙」である。

この選挙区も当選者は決定しているようなものだ。
それは、「鳩山二郎」。
故鳩山邦夫の次男である鳩山二郎の知名度は抜群である。
ましてや、選挙応援に小池百合子が入っている。
福岡でも百合子フィーバーは続いている。


なお、民進党の候補者を出しているが、票はほとんど取れないであろう。





この2つの選挙に自民党は勝利し、安倍晋三は次に何をするのか。

北方領土問題の進展はいかに。

総選挙を経て、いよいよ憲法改正に向かうのか。

(2016.10.11)
「史上最悪の候補者と史上最低の候補者の戦い」

この言葉は、あるキャスターがラジオで言っていたものだ。
勿論、米大統領選挙のことである。



トランプ対クリントン。
トランプが問題発言を続けている割には、クリントンの支持率が伸びない。
米国民はどちらの候補にも魅力を感じていないのだろう。




ここのところのテレビ討論もひどいものだ。
互いの足の引っ張り合い。

プライベートなことについての攻撃の仕合。
発言の端々をとらえての攻撃。





果たしで、両候補のこのような戦いを米国民はどう見ているのだろう。
両候補のスキャンダル暴露合戦に興味津々なのだろうか。

だとすれば、これは究極のポピュリズムである。
米国民の民度はそこまで低いことになる。



戦後、民主主義の手本としてきた米国。
米国の民主主義とはこんなものなのか。

(2016.10.10)
初めてネットで物品をやり取りするようになったのは、十数年前のことである。

ある人物がヤフオク(昔はヤフーオークションと言っていた)のことを知り、自分の物をヤフオクで売ってくれと言う。
私は断った。
ヤフオクという名前は知っていたが、詳しいことは何も知らなかったからだ。


しかし、その人物は執拗に私に依頼する。
「それなら、自分でやればいいじゃないか」と私。
「自分では到底できない」との返事。


押し問答を繰り返すうち、私はやっとやる気になった。
しかし、身近にヤフオクをやっている人はいない。
教えてもらうわけにもいかない。

すべて独学だ。

当時は、出品するのに大変な手間がかかった。
まず、ダウンロードした契約書を読み込む。
システムについて理解する。

結局、ヤフオクについて詳細に理解するのに、2日間かかった。




ただ、ここで学んだことは自分がヤフオクで物品を売買するのに役立った。

古くなったPC。
処分するには金がかかる。
しかし、ヤフオクで中古として売れば、多少の収入になる。
また、中古の掘り出し物もある。
新品より、はるかに安い値段で物品を入手することもできる。



リユースの立場からも、大いにヤフオクを利用したいところである。

(2016.10.09)
最近は、頻繁にネットショップを利用している。
田舎に住む者には、ネッショップは非常にありがたい。



本一冊を買おうにも、書店までは遠い。
例え、書店に行ったとしても目的の本があるとは限らない。
特に、専門書となると、田舎の本屋にはない。

ところが、ネットで探せば、ほぼ確実に本を入手できる。
ネットショップに注文すれば、早ければ翌日手元に届く。
今や本はネットショップと決めている。

送料もかからない。
値段も書店で買うのと同じなのだ。



PCを始め、PC周辺機器もネットだ。
街の中心地には、大型家電量販店もあるのだが、PCも周辺機器も品揃えが悪い。

ネットショップには、多量の商品が掲載されている。
しかも、大型量販店より値段が安いのである。



日用雑貨、食品などについても同じことが言える。
近くにホームセンターもあるが、品揃えはネットショップにはかなわない。
スーパーも近くにあるが、ここにもないものがある。
ないものは、ネットショップに注文する。





お勧めのサイトは、勿論Amazonだ、
ここだと、なんでも揃う。
本、PC周辺機器、日用雑貨、食料品。

ほとんどの物が送料無料。
値段も安い。



今ひとつ劣るのが、楽天だ。
楽天はネットショップの集まりだ。
送料も高い。
商品もAmazonより高い。
発送も遅い。

Amazonで探しきれないものだけ、楽天を利用している。

(2016.10.03)
「小池百合子」東京都知事はパンドラの箱を開けたのかもしれない。
彼女が知事に就任して以来、問題が出るわ出るわ。


今まで伏せられていた問題。
築地市場の豊洲移転問題。
東京五輪予算の肥大化問題。


先の選挙で、自民・公明の推薦する「増田寛也」が当選していたらどうなっただろう。
おそらく問題は封印された。
また、問題が発覚しても都議会の数の力を利用し抑え切られただろう。
それを思うと、背筋が寒くなる。


結果論にはなるが、東京都民は、「小池百合子」を選択して良かったと言える。




さて、豊洲問題である。
都庁の調査では、「いつ」、「誰が」、「盛土をしないことを決めた」かは分からないと言う。
何というデタラメな調査だ。
公務員の責任逃れの体質が露呈した。


小池はこれを許してはならない。
彼女は、「犯人探しをしているのではない」と言う。
しかし、都民、国民が求めているのは「犯人探し」なのである。


どの地方自治体も同じ体質なのだ。
政策・事業が失敗しても誰も責任を取らない。
それ故、公務員は、また同じように無責任な仕事をする。

彼らの自腹の金で事業をやるならいい。
しかし、使う金は住民の血税なのである。

こういう点から言って、豊洲問題は東京都民だけでなく、全国民が注視しているのである。





東京五輪についても、「犯人探し」を望む。
何故、これほど予算が肥大化したのか。
詳しい調査、説明を求める。


そして、公務員に責任を取らせるだけに終わってはならない。
最終的には、歴代東京都知事の監督責任もある。
彼らにも責任を取らせるべきである。




豊洲問題、東京五輪問題については、「石原慎太郎」、「猪瀬直樹」、「舛添要一」に責任を取ってもらおう。
少なくても、私有財産くらいは没収すべきだ。

おそらく、彼らに対しては、市民団体から訴訟が起こされることだろう。
彼らは逃げられない。
それが、最高責任者というものだ。







さて、これら2つの問題をどう決着させるか。
この判断を一歩誤ると、「小池百合子」に明日はない。


小池には、中途半端なところで政治決断をしてほしくない。

結果的に豊洲移転は行わなくてもよい、。
これ以上、血税をつぎ込むことは許されない。

東京五輪については、開催を返上したいところだ。
また、開催するとならば原点に戻って、極力低予算での開催を望む。



それにしても、最近ちょくちょくメディアに登場する「森喜朗」の言動には怒りさえ覚える。

(2016.09.30)
東京都の豊洲市場移転問題、オリンピック関連問題について書きたいところである。
しかし、今日はあえて日本の株式市場について書く。


今日本の株式市場は歪められいる。
国の介入により、日銀の介入により、官製相場となっている。
日本の市場は、社会主義化していると言ってもいいだろう。
中国市場を官製相場と批判する資格はない。



まず、問題の第一は、GPIF(年金積立金運用独立行政法人)の介入である。
GPIFは、国民の貴重な年金積立金を株式市場に投入しているのである。
そして、莫大な赤字を出している。

国民から預かった金を大きいリスクにさらしているのである。



二番目に、日銀の介入である。
日銀は株式市場から、ETF(上場投資信託)を買い入れ、多量の資金を市場に放出しているのである。



GPIF、日銀の行為により、市場では株価の下落が止められる。
これは一見良いことのように思えるが、そうではない。

株価は支えられるが、株価は上昇していないのが現状である。



アベノミクスの成功のために、政府、日銀はこのようなことをしているのである。
結果、国民の積立てた年金は減り、国の借金は増える一方。



この責任は誰が取るのか。
膨大な借金を誰が補填するのか。



いつも通りである。
政府も首相も責任を取らない。
日銀総裁も責任を取らない。
そして、借金は国民へ付け回される。


もう一度言う。
日本の株式市場は、社会主義化している。
全くの官製相場なのである。
官製相場は活力を失う。




変に政府や日銀か市場介入しない方がいいのである。
市場のことは市場が決める。
それが資本主義だろう。

安倍晋三首相は、早くアベノミクスの失敗を認め、撤退すべきだ。
彼はもう知っているのかもしれない。
撤退するには、傷が深すぎることを。

(2016.09.28)
9月26日の安倍晋三首相の発言には、強い違和感を覚える。
彼は、衆院本会議での所信表明演説において、「自衛隊、海上保安庁、警察」を讃えた。

安倍は国防に尽力している人々を賞賛したかったのだろう。

しかし、自衛隊にしろ、海上保安庁にしろ、警察にしろ通常の業務を淡々とこなしているに過ぎないのである。
別段、国会で取り上げることでもあるまい。



私が、安倍発言に強い違和感を覚えるのは、その発言が「戦時下」を思い起こさせるからである。
かつて我が国は戦争という苦い経験をしてきた。
そのことを想起させるのである。

安倍は単純な人間であるから、そこまで思いを致していないのかもしれない。
しかし、それが怖いのである。


かつて日本がそうだったように、国民は知らず知らずのうちに戦争に引き込まれていく。
そこでは、旧日本軍が賛美された。
安倍には国民を戦争へと導く意図があったのかもしれない。



国会では、安倍の発言に対し、自民党議員は起立し拍手を送ったという。
その間、20秒。
まさしく、異常である。
国会には、まさに戦争間近の雰囲気さえある。




この安倍発言、自民党議員の態度については、国会議員からも批判が出ている。

「日本の議会に馴染まない」
「北朝鮮か中国共産党大会みたいな」などである。

しかし、これらの批判は的外れである。



淡々と業務をこなしているに過ぎない自衛隊、海上保安庁、警察の職員を特別視することこそ問題なのだ。
そのことは、戦争につながる道を意味するのである。

(2016.09.21)
昨日の日本経済新聞の一面見出しにこうある。
「年金 強制徴収を拡大」
何やら怪しい見出しである。


記事によれば、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げるという。
現在は年収350万円以上の滞納者を対象としているが、来年度から300万円以上とするというのだ。
これで、強制徴収される対象者数は拡大することになる。

これで、ますます貧しい庶民への年金の取り立てが厳しくなる。


それにしても、今時の若者は何故怒らないのだろうか。
自営業者だけでなく、公務員、会社員も年金を払い続けても、将来年金を受け取れる確証はない。
もし、受け取れたとしても、かなりの少額になる。


年金を払うくらいなら、自分で年金分を蓄えた方がましだ。



昔から、日本国政府のやることはデタラメだ。
強制的に年金をかき集め、かつては、グリーンピアに象徴されるような巨額な無駄遣いをした。


今は、既に破綻したアベノミクスのために、年金を株投資に向け、大損をしている。
いくら年金で株を買っても、株価は上がらない。
かくして、国民が積み立てた年金は細る一方だ。

年金の強制徴収をする前に、日本国政府は年金の無駄遣いをやめるべきだ。

(2016.09.12)
最近「Windows10」を本格的に使い始めた。

一言でいうと、Windows10は使いづらい。



おおまかにみていく。


まず、インターネットブラウザとして、Windows10では、「Microsoft Edge」が設定されている。
このブラウザが使いにくいのだ。
個別の設定を変更することもできるが、どう変更しても使いづらい。

次に、「メールアプリ」である。
このアプリ、メールの内容が見づらく、下位フォルダを作ることもできない。




色々調べたあげく、結局、「Microsoft Edge」、「メールアプリ」は使わないことにした。


ブラウザの方は、従来から使っている「Internet Explorer11」にした。
メールアプリは、「Windows Live2012」を使うことにした。


Windows10に最初から設定されている「Microsoft Edge」、「メールアプリ」が使いづらいと感じている方は、従来のソフトを使うことをお勧めする。


なお、現在、「Windows 10 Anniversary Update」をインストールすることもできる。
手動でインストールしてみたが、たいして変わりはなかったことを付け加えておく。

(2016.09.07)
自由民主党所属の「若狭勝(わかさまさる)」の思惑について考えてみる。

若狭は、国会議員になるまでは、散々マスコミに登場していた。
それまでは、若狭という人物を知る人は少なかったろう。

さて、何故、彼は検察官を辞め、弁護士になったのか。
マスコミにチヤホヤされるのが目的であったのか。
それとも、その時から国会議員を狙っていたのか。



さて、若狭は今回の東京都知事選挙で、久々にマスコミに登場する。
自民党の指示に従わず、「小池百合子」を応援した。
自民党国会議員の中で小池を応援したのは、若狭だけだったという。



それ以後も彼の動きには疑問を持つ。
当初、若狭は東京都の副知事に就任するのではないかという説が流れた。


しかし、彼は衆院東京10区の補選に立候補するという。
東京10区は、小池が選出されていた選挙区だ。
小池が抜けた穴を若狭は狙うのである。


勿論、若狭、小池の親分である「石破茂」がバックについているのは間違いない。



さて、そもそも若狭は何故国会議員になったのか。
これから、何をしようとしているのか。
不気味ではある。



それにしても、なんでもありの自民党。
党に反旗を翻して、都知事選に立候補した小池百合子は、除名処分にもならない。
党の意向に反して、小池を応援した若狭勝は、「厳重注意」の軽い処分。


内輪もめも選挙で勝負がつけば、処分は形だけ。
これが政権政党の強さの源泉か。

(2016.09.06)
最近思うのだが、ネット検索機能は日々進化している。
日常、マスメディアで見聞きする中で、新しい言葉が出てくる。
これらの言葉について調べるには、ネットが最適だ。

新しい言葉として、例を挙げる。
「フィンテック」
「ブロックチェーン」
「IoT]
などなど。


以前であれば、それらの言葉に関する書物を探すのが普通だった。
しかし、新しい言葉に関する書物は、なかなか出版されない。
著者が原稿を書き、幾多の過程を経て書店に本が並ぶのには、相当の時間がかかる。


そこで、ネットで調べてみる。
どんな新しい言葉でも、ネット検索をすれば必ず見つけることができる。
それも様々な説明を目にすることができるのである。
ネットがあれば、かなり書籍代の節約にもなる。




PCの使い方が分からことがある。
もはや説明書や分厚い解説本は必要ない。

例えば、Windows10で、ダブルクリックをシングルクリックに変更する方法が分からないとする。
ネットで調べれば簡単だ。

「Windows10 シングルクリックに設定する方法」
などと検索欄に打ち込めばよい。
どこの設定をどう変更すればいいか詳しい方法を知ることができる。



今やネットは生活に欠かせないツールとなっている。



(2016.09.05)
民進党の代表選挙があるらしい。
興味はない。



ただ、一言書いておこう。

民進党は野党第一党ではあるが、巨大自民党の足元にも及ばない。
民進党は、政権の受け皿にもなりえない。


理由は簡単だ。
旧民主党のときの政権運営だ。
あれほどのデタラメな政治は見たことがない。

国民はそのことを忘れてはいない。
旧民主党の流れを汲む民進党に期待はない。




さて、代表戦には三氏が立候補した。
蓮舫、前原、玉木だ。


このうち前原は自ら言うように戦犯である。
それでも今回の代表戦に出るとは、どういう神経をしているのか。



ところで、今回選出された代表の元で、総選挙を戦うことになる。
前原では票が集まらない。


選挙戦において、誰が党の顔としていいのか。
そのことを考慮しなければならない。



結論を言えば、総選挙で躍進するには、蓮舫しかいない。
来るべき総選挙は、蓮舫で戦うべきだろう。


(2016.09.02)
尾木直樹について書く。

昔、尾木は私の目標であった。
最初に本を書いたのもそのためだ。


今から考えると、甘い考え方をしていたものだ。
本が売れ、有名になり、東京へ行く。
そして、東京で尾木のような教育評論家になろうと思っていた。





しかし、今は尾木直樹に批判的だ。
それは、彼が「尾木ママ」のキャラで売っているからではない。

彼の教育評論はなっていない。
ただ、彼が賢いのはマスコミ受けがすることを言う。
教育問題が生じたとき、彼は決して子どもや親を批判しない。
そして、教育委員会、文部科学省も批判しない。


彼が唯一批判するのは、学校であり、教師である。
彼は危ないことは言わない。
一番弱い存在である学校、教師を批判する。


彼がもし教育委員会や文部科学省を批判すれば、関係機関から相当の圧力を受けるだろう。
結果、彼はマスコミに見放される。
彼はそのことを知っているに違いない。



マスコミも教育問題を掘り下げることをしない。
世間受けがするようなショッキングな取り上げ方をする。
日本の社会や教育体制の問題にまで踏み込むことはない。


尾木直樹とマスコミは持ちつ持たれつの関係にあり、お互いに利用しているだけだ。




私は今や尾木直樹を軽蔑さえしている。
このHPで、教育評論をしている方がよほど価値がある。


(2016.09.01)
学校の教師に、精神疾患者が多いのは常識になってきた。
今やニュースにもならない。


精神疾患者はなにも教師に限ったことではない。
一般の会社の中でも拡がりつつある。




妻の職場のことである。
妻は金融機関の支店に勤務している。
男性の多くは外務員だ。

集金だけが仕事ならいいのだが、保険や損保の加入件数のノルマがある。
会社は、一人ひとりの外務員にノルマを課し、成績の順位を公表する。


トップセールスマンをいれば、最下位の外務員もいる。
下位の外務員の辛さはいかばかりか。

そこで開き直れればいいのだが、給料は上がらず、ボーナスも少ない。
おまけに出世は絶望だ。




そんな中、心を病む外務員も少なからず存在するらしい。

妻の話だが、ある日、一人の若い外務員が休憩室で塞ぎこんで泣いていたという。
数日後、「体がフラフラする」と言い、倒れた。
同僚が職場の近くの病院に連れて行ったが、そこから救急車で大病院へ。

その外務員は、一年前にも同じ症状を発症していたという。
ここまで書けばわかると思うが、外務員の成績は下位に低迷している。



支店長以下幹部は、外務員への対応をあれこれ考えたそうだ。

そんなことをしても無駄だ。
原因は外務員への対応にあるのではない。



私はストレスにより精神疾患を発症し、職場を追われた。
経験者として、私は思う。
彼は、まだ若いのだから、転職をした方がいい。
このままでは、命が危ない。



それでも今の勤めを続けたいのなら、早急に精神科を受診することだ。
精神科で治療を受けながら、辛い時には休職すればいい。



それにしても、生きにくい世の中になったものだ。

(2016.08.31)
このところ、PCを処分している。
所有しているPCのOSの多くが、Windows 7である。

マイクロソフト社によれば、Windows 7のサポートは、2020年1月に終了するという。
毎度のOSの変更には困ったものだ。
マイクロソフト社は、Windows 10以降はOSを変更しないと言っているが、果たしてどうだろう。


ともあれ、2020年にはWindows 7は使えなくなる。
今年が2016年だから、4年後ということになる。
2020年までPCを使う方法もあるが、そのときには、Windows 7搭載のPCの処分に困る。


電気店に引き取ってもらうには費用がかかる。
ネットでは無料で引きとってくれるところもあるが、価値はゼロだ。





それならば、今のうちに中古として売ればいい。
まだ需要はある。

先週、ヤフオクでノートPC2台を売った。
結構な値がついた。


今はデスクトップPCをヤフオクに出しているが、これは値が伸びない。
一体型デスクトップならまだしも、今出しているのは分離型だ。
場所を取るばかりでなく、配線も面倒だ。

一応入札はあるので、売却する予定だ。
これで、Windows 7搭載PCは3台処分できることになる。




しかし、まだまだWindows 7搭載PCがある。
ノートが2台。
デスクトップが2台。
これも早く処分したいのだが、なかなか進まない。

現状、これらのPCは日々使っているからだ。



Windows 10のPCに切り替えたいのだが、Windows 10搭載PCはまだまだ高価だ。
Windows 7のサポートが終了する頃には、安くなるだろう。
そこら辺りを見極めながら、残っているWindows 7搭載PCを処分しようと思う。



最後に付け加えておくが、Windows 7を無料でアップグレードしてWindows 10にすることもできた。
しかし、機種により不具合が出るとの警告がPCメーカーよりあった。
不具合が出たのでは、使いようがない。

機種を調べ、アップグレード可能なPCだけWindows 10とした。
アップグレードできたのは、一台だけだった。



(2016.08.07)
今回の安倍内閣改造について、問題の一つを指摘したい。
それは、防衛大臣に「稲田朋美」を据えたことだ。

私は、以前より「稲田朋美」を快く思っていなかった。
彼女の発言を聞くたびに不快な思いをしてきた。


彼女は、簡単に言えば、右翼であり、保守反動であり、軍国主義者なのである。
しかも、彼女を見ていると、深い思想や心情があるとも思えない。
そこが、稲田朋美の二重の愚かさなのだ。


例を挙げるとするならば、「産経新聞」の記事を鵜呑みにするような御仁である。
この手の輩が、余計危ないような気がする。

信念もなく、右翼・軍国主義を信じて疑わないのだ。
このような人物を入閣させること自体危険であり、防衛大臣に据えることは言語道断である。




日本にとって危険なだけではない、首相の安倍晋三にとっても危険である。
稲田朋美は、自分の思うことをそのまま発言するところがある。

その点が安倍晋三とは異なる。
安倍晋三も右翼的思想をもち、軍国主義者である。
しかし、彼はそのことを表には出さなくなった。
おそらくマスコミに叩かれる中で、そのことを悟ったのだろう。



政治家はいかなる思想・心情を持っていても構わない。
ただ、政治家は日本が置かれている状況を的確に把握し、発言をする必要がある。
その点について言えば、安倍晋三は賢くなった。


だが、稲田朋美は違う。
深い思想・心情もなく、勉強もしていない。
知識そのものが上滑りなのである。


彼女は愚かな右翼であり、軍国主義者なのである。
いや、愚かな政治家なのである。

それが証拠に、稲田朋美は昨日、早速やらかしてしまった。
核武装を巡る発言である。

この先、稲田朋美はマスコミの餌食にされるだろう。
防衛大臣の椅子には、長くいられそうもない。


安倍晋三は、自ら危険な爆弾を内閣に囲ってしまったのだ。



(2016.08.04)
先月7月31日(日)は、東京都知事選挙の投開票日であった。
結果は、小池百合子が圧勝。


ここでは、小池の圧勝の要因について考えてみる。
今回の都知事選は、事実上三氏の闘いとなった。

自民、公明の推薦を受けた「増田寛也」
野党統一候補の「鳥越俊太郎」

そして、「小池百合子」だ。
小池は自民党員でありながら、自民の支持は得られなかった。




第一に着目したいのが、小池の持つ「野心」である。
小池はもともと首相の座を狙っていたと言う。
しかし、安倍政権が続く中、その目はなくなった。

そこで、首都東京のトップを狙ったのだろう。
彼女は、それほど野心的なのである。

かつて小池は、これからはアフリカの時代と知るや、日本の大学を中退、カイロ大学に留学する。
その後、カイロで結婚するも離婚。
カイロ大学で勉学を続ける。

このようなしたたかな人生経験を持つ彼女。
度胸は座っている。
内閣でも、主要閣僚を歴任。



それに比べ、増田寛也は岩手県知事を経験したとはいえ、もとは官僚である。
選挙戦を見ても、公務員の発想の域を出ることはなかった。
小池のような野心もない。


鳥越俊太郎はどうだろう。
彼は根っからのジャーナリスト。
それも穏健派ジャーナリスト。

政治はずぶの素人。
具体的政策は最後まで聞くことはできなかった。


東京都という強大な自治体をリードするには、強力なリーダーシップが求められる。
それには、野心的人物が適している。

都知事は、単なる官僚、反原発を唱えるだけのジャーナリストにこなせる仕事ではない。


聞けば、今までの都政は、都議会と行政の慣れ合いだったと言う。
都知事は必要ない存在でもあったようだ。



山積する東京都の課題を解決するには、野心的リーダーシップが求められる。
小池百合子を選択した都民は、その辺りを見抜いていたのだろう。



(2016.07.25)
話をWindows 95の時代から始める。
今年が2016年だから、約20年も前のことになる。

当時は、PCと言えばデスクトップが主流だった。
PC本体にはディスプレイ、キーボード、マウスが有線接続されていた。
PC回りは、複雑な配線が絡み合うこととなっていた。




Windows Meのころからであろうか。
ノートPCが続々と発売されることとなる。
ノートPCはディスプレイ、キーボードの配線が内部でなされ、マウスのみが有線接続となった。
これで、ノートパソコン回りはすっきりした。
後に、マウスも無線になるのだが。



Windows XPの頃からノートPCが主流になったように思うが、デスクトップPCも根強い人気を保っていた。
当時のデスクトップPCは、まだキーボードもマウスも有線だった。
しかし、PC部品メーカーから無線のキーボード、無線のマウスが発売されるに至る。
これらの部品を購入すれば、PC回りはずいぶんすっきりさせることができた。


Windows 7 の時代になり、デスクトップPCも無線キーボード、無線マウスが主流となる。


時代は完全に、有線から無線の時代に入ったのだ。




ルーターについても同様のことが言える。
以前には、ネットワークを組むのも有線接続だった。
ルーターから何本ものLANコードを出し、各PCに繋いだものだ。

結果、部屋中がLANコードだらけとなった。


その後、無線LANを搭載したルーターが発売されるようになり、PCも無線LAN搭載となった。
これで、部屋中を這い回っていたLANコードとはおさらばだ。
部屋の中もすっきりした。


今やプリンターも無線の時代だ。
PCからプリンターをケーブルで結ぶ必要もない。
プリンターをルーターに無線接続しておけばよい。
そうすれば、LAN接続しているどのPCからも同じプリンターが使える。



昔を知る者からすれば、ずいぶん便利になったと思う次第だ。
有線から無線になって、配線が交錯することもない。
おまけに接続がずいぶん簡単になった。

有線LANの時代には、PC側で面倒な設定が必要だった。
それが、無線LANの時代になり、設定は驚くほど簡単になった。



これからも有線から無線への流れは変わらない。
もっと加速するだろう。

(2016.07.05)
このところ、糖尿病が悪化している。

私には精神疾患に加え、糖尿病をはじめとする内臓疾患が多数ある。
高血圧、高脂血症、脂肪肝、糖尿病などだ。
おまけに喘息もある。

内臓疾患の原因は、はっきりしている。
日頃の不摂生である。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足。




さて、当面は糖尿病の治療である。

内科には、月一回の割合で通院している。
その都度、血液検査をしている。
血液検査の結果が数ヶ月前から良くないのである。


一ヶ月前であろうか。
主治医にこう告げられた。
「もう膵臓からインシュリンが出ていないね」
「これからは、インシュリン注射の治療が必要のようだ」
「一週間以内に、糖尿病専門の先生を受診しなさい」


膵臓からのインシュリンの出が悪いのは、数年前から分かっていた。
そのため、飲み薬で対応してきたのだ。
しかし、飲み薬も限界になった。




インシュリン注射の治療については、多少知っている。
88才になる父親が、毎日食事前に自分で自分の体にインシュリンの注射をしているのだ。
それを目にしているからだ。


ついに自分も父親と同じ運命をたどるのか。
面倒なことになった。

早く死にたいとも思った。
死ねば、内臓疾患だけでなく精神疾患からも開放される。
しかし、死ぬ勇気もなければ、方法も思いつかない。




主治医に見放され、悶々とした日々を過ごした。
一週間後、同じ病院内の糖尿病の専門医にかかる。
インシュリン注射の治療が始まるのを覚悟していた。


いつものように診察の前に血液検査。
次に主治医の診察を受ける。

血液検査の結果に変わりはなかった。
依然として、数値は悪いままである。


私は主治医の発する言葉を待った。
「とりあえず、腹部のエコー検査で、膵臓、肝臓を診てみましょう」
「それから、詳しい血液検査をするから、次回は食事抜きで来るように」
「次回の診察までは、今の薬でいきましょう」
「では、一ヶ月後に」



私は一瞬安堵した。
少なくとも、インシュリン注射は、一ヶ月先に伸びた。

しかし、なんら問題は解決していない。
問題が先送りになっただけだ。


ただ、一ヶ月の間にすべきことは分かっている。
食事の量を減らすこと。
飲酒は避けること。
毎日運動をすること。

精神疾患を抱える私には、これが難しいのだ。
それが原因で、ここまで糖尿病が悪化したのだから。

(2016.06.05)
このコラム、約一ヶ月ぶりの更新となる。
実は、このところ落ち込んでいた。

気分が重く、体が動かなかった。
うつ状態だったのだ。


理由は分かっていた。
田植えのことが気になっていたのだ。

田植えをするには、その前の段取りが重要である。
ある意味、田植えそのものより大切かもしれない。


田植えの前には、トラクターで何度も田んぼを耕す。
それから、田んぼに水を入れ、何回か耕す。
除草剤を散布する必要もある。
そういう段取りがあるのだ。


今年は、その段取りがうまくいかなかった。
天候の影響もあり、仕事は遅れに遅れた。


しかし、田植えの日にちは決まっている。
既に農協に苗を頼み、取りに行く日も決まっているのだ。

その日に合わせて、準備をするのだ。
段取り通りに準備が進まず、気分が落ち込んでいった。

他の農家は着々と準備を進めている。
そのことが焦りを生じさせ、気分をより落ち込ませる。



結局のところ、妻の助けもあって、なんとか田植えまでこぎつけた。
5月28日(土)に田植えを終えた。
その日には、久々に飲みに出かけた。

(2016.05.02)
この土日を使って、徳島県に住む友人宅を訪問した。
勿論、妻を伴っての旅だ。


その友人は女性、60代。
大きい一軒家に一人で住んでいる。


彼女との出会いは、そもそも20年前になる。
当時は、チャットが流行っていた。


うつ病を病み、仕事に対してやる気をなくしていた私は、チャットにはまっていた。
毎夜、遅くまで同世代の人たちとチャットを楽しんでいた。



その中の一人が徳島県の彼女である。

彼女と気の合う女性がもう一人いた。
その女性は、アメリカ、サンフランシスコで働き、毎夜チャットに参加していた人物だ。


彼女たち二人は、その当時から行き来があったらしい。
徳島の彼女がサンフランシスコを訪問したこともある。




そのうちサンフランシスコで働いていた彼女は、日本に帰国。
今は神奈川県に住んでいる。
彼女も60代だ。



15年前になるだろうか。
彼女たち二人が我が家来たいという。
直接会うのは初めてだった。
一泊して彼女たちは帰って行った。



その後は年賀状を交換するだけだったが、一ヶ月前、また二人で我が家に来るという。
こちらは大歓迎だ。
この二人とは波長が合うところがある。


二人はバーベキューセット持参でやって来た。
一泊して、彼女たちは帰っていった。
「次は、徳島で会おう」と約束して別れた。





こちらが徳島を訪問する機会は、意外に早く来た。
三人の日程が、今回たまたま合ったのだ。

土曜日に夫婦で車で出発。
高速道路を使って徳島へ。
一泊し、交流を深めた次第である。



妻を除く三人は、みな60代。
人生60年も生きれば、色々なことがある。
そのことを通して、人生観、世界観、価値観は深まっていく。

三人はそれぞれの人生を歩んできた。
人生観、世界観、価値観はそれぞれ違う。
それは当然のことだろう。

ただ一つ共通点があるとすれば、三人とも随分苦労してきたことだ。



私が結婚したのは、29才のとき。
一児をもうけたものの、結婚後1年10ヶ月で別居。
その後、離婚調停。
調停でも話し合いがつかず、相手側が裁判に持ち込む。
相手の狙いは明確であった。
目的は、金だけだった。

結局、裁判に3年を費やした。
わずか2年に満たない結婚生活に終止符を打つのに3年かかったのである。


その後、私は、40才で精神疾患を発症。
職にはついていたものの仕事に嫌気がさしていた。
周囲の無理解、いじめにも遭遇した。
しかし、それに対抗する気力すらなかった。

今も4週間に一度は、精神科に通院している。



徳島の彼女は、若くして結婚。
二人の子供をもうけたものの、その後離婚。
女手一つで二人の子供を育てるのは大変だったろう。
彼女は言わないが、筆舌に尽くしがたい苦労をしたことだろう。



神奈川県の彼女は、若くして渡米。
アメリカ人と結婚するも離婚。
その後もアメリカで働き続ける。

今は我儘な母親に手を焼いているらしい。





私は、人生における苦労が人格を形成すると考えている。
良い意味でも、悪い意味でもそうであろう。



大切なのは、それまでの苦労をこれからの人生にどう生かすかということである。
今、彼女たちと話すと、ほぼ同じ考えをもっていることが分かる。

「後の人生は短い」
「動けるうちに、人生を楽しもう」

今、我々には、やっとご褒美の時が来たのかもしれない。
今を大切に生きていきたい。

(2016.04.25)
久々に教育問題について考える。
例の広島県府中町にある緑ヶ丘中学校の件である。

進路指導を巡って、中学校3年生の男子生徒が自殺した問題だ。
この問題については、マスコミでも大きく取り上げられ、教育委員会の調査報告も出されている。
多くの方が、この件についてはご存知だろう。





ここでは敢えて視点を変えて、この問題が起こった背景に迫りたい。


さて、万引きは悪いことではあるが、そのために高校受験において推薦ができないというのはなぜか。
そもそもそういう基準が推薦基準として一般化しているのだろうか。

私はそこに中学校側、高校側の意図を感じる。
中学校とすれは、生徒を押さえつけるために、問題行動を起こすと推薦しないことにしているのではないか。

おそらくこのことは、中学校1年生の段階から生徒に伝えているはずである。
これは、推薦入試をテコに、生徒の問題行動を抑えようとしているものである。

また、高校側にすれば、一度問題行動を起こしたような生徒は入学させないという意図もあると思われる。


中学校、高校においても、一度問題行動を起こせば、取り返しの付かないことになることを生徒に強要しているようなものだ。



人生はそのようなものではない。
人は間違いを犯す。

しかも、まだ人間的に未発達な中学生、高校生である。
問題行動を起こすこともある。
それらは、教育的指導によってこそ、改善されるべきものだ。
決して、学校、教員の圧力によって、改善されるべきものではない。

そして、教育的指導により問題行動が改善された生徒は、当然推薦入試の対象になるべきである。





次の論点である。
担任教師は、自殺した生徒とは、5回の面談を行っていたという。
最初、丁寧な進路指導をする学校だと思っていたが、それは違っていた。

面談はすべて廊下での立ち話だったという。


さて、この生徒以外の生徒に対してはどうだったのだろう。
その他の生徒についても立ち話程度だったのだろうか。


私は、担任教員の怠慢を責めるつもりはない。
そもそも学校のシステムがそうなっていたのだろう。
教師の仕事量は年々増加し、放課後生徒とゆっくり話す時間さえない。


増加した仕事の多くは事務仕事である。
なんでも書類に記録を残し、校長、教育委員会に提出する。
そのことに多くの時間がさかれるのである。
生徒とゆっくり話す時間などないのだ。

学校の事務量の増加のそもそもの原因は、その上の文部科学省の指導による。
学校現場の忙しさも知らない、書類主義の文部官僚の考えそうなことだ。



教師ばかりではない。
生徒も学校活動において多忙を極め、心にゆとりさえないのが現状だ。
生徒の行動は逐一記録に残され、評価・評定に結び付けられる。
生徒は点数による見えない圧力に押しつぶされているのである。





この文章を書く前日に、昔の同僚教師から電話があった。
同僚は、既に定年退職をしている。
久々に非常勤講師として学校に行き、驚いたという。


男性教員は、すべてスーツ、ネクタイ姿になっているという。
ここら当たりにも、文部科学省の圧力が働いているのであろう。

文部科学省の圧力が教育委員会、学校、教員へとかかり、最終的には生徒を圧迫している。




かつて、教員は労働者か、聖職者かという議論があった。
私に言わせれば、今の教員はブラック企業に勤めるサラリーマンである。
何の理想もなく、哲学もなく、ただただマニュアル通りに、夜遅くまで働くサラリーマンである。

(2016.04.23)
マイクロソフトには困ったものだ。

私が主に使用しているのは、Windows7を搭載したPCだ。
このPCにWindows10へのアップグレードを勧める表示が出る。
それもしょっちゅうだ。

一方、PCメーカーからは、Windows10へのアップグレードをしないように警告が表示される。
理由は、アップグレードするとトラブルが頻発するからだと言う。


私が使用しているPCのソフトは十分には、Windows10に対応していない。
この段階で、アップグレードをするのは危険だ。

マイクロソフトからWindows10へのアップグレードが表示されると、拒否することにしている。
しかし、何度も表示されると嫌気がさす。
いい加減やめて欲しい。



そんな中、事件発生。
私はWindows7搭載のPCを3台使っている。
そのうちの一台が勝手にWindows10をダウンロードしてしまったのだ。

そのPCを起動すると、Windows10をインストールしようとする。
問題は、そればかりではない。
Windows7のアップデートができないのだ。


Windows7のアップデートをしようとすると、Windows10のインストールの許可を求めてくる。
これでは、Windows7のアップデートができないのである。


困った私は、ネットでダンロードしたデータを消去する方法を調べた。
方法はあるにはあったが、大変複雑な操作を要するものだった。

しかし、一応示された手順通りにやってみた。
しかし、データは消去されない。



このままでは、Windows7のアップデートがいつまでも出来ない状態が続く。
そればかりか、自動でWindows10にアップグレードされてしまう。


再度ネットで調べた。
データは消去できないもののインストールをさせない方法を発見した。
この方法は簡単で、うまくいった。



今では、Windows10のインストールに悩まされずに済むようになった。

それにしてもマイクロソフトのやり方はどうだろう。
勝手にWindows10をインストールするのだけはやめてもらいたい。

(2016.04.17)
デイトレを初めてからというもの、ネットの速さが気になり始めた。
光回線にすれば理想的である。

しかし、我が家のように田舎の点在した家屋には光回線は来ていない。
そればかりか、何年経っても光回線は来ないという話もある。


現在は仕方なくADSL回線を使っている。
このADSL回線は、契約を変更することにより、高速kにすることができる。
しかし、通信業者が示している速さは理論値であり、実際の値とは異なる。


NTTの中継局から自宅までの距離により、実際の速さが決まってくる。
中継局から遠いと、ADSL回線の契約を高速にしても、それほど速さは出ない。
低速の契約とさほど変わらないのである。

一方、NTTの中継局から自宅までの距離が近いとADSL回線の契約により、速さに大きな違いが出てくる。
中継局から近いと、高速契約にするとかなり速くなる




さて、我が家の場合である。
NTTの中継局との距離は分からない。
おそらく調べても分からないだろう。
その結果、低速契約と高速契約とで、どの程度の差が出るかは分からない。


考えた挙句、最高速のADSL回線の契約に変更することにした。
これで、実際の速さが変わらないとしても諦めがつく。



さっそNTTに電話した。
契約を変更する旨伝えた。


NTT担当者が言うには、変更に伴いNTT局内工事が必要だそうだ。
それに加え、家にあるモデムを変える必要があると言う。


NTT担当者と電話で局内工事の日程を決め、新しいモデムを送付してもらうことにした。

二週間ばかりし、モデムが届き、局内工事も完了した。
早速、モデムにルーターをつなぎ、PCからネットに出ようとした。
しかし、ネットにつながらない。


PCを直接モデムにつなぐとネットに出られる。
すると、ルーターが問題か。
ルーターは、前のモデムのときには正常に動作していたのだが。



あれこれと考えた。
やっと原因が分かった。
ルーターから見れば、モデムが新しくなったことを認識していないのである。
ルーターには古いままのモデムの設定が残っているはずだ。


早速、PCを使ってルーターの設定を変えた。
これは意外に簡単だった。
これで、家にあるPC7台全部からネットに出られるようになった。



これで一安心していたのだが、次に問題が発生。
ときどきネットが切れるようになったのだ。

毎日ではない。
しかし、日によっては、数回ネットが切れる。
勿論、モデム、ルーターを再起動する方法は試みた。
そのときは、復旧するのだが、またしばらくするとネットが切れる。


ただ、最近は切れることはなくなった。
はっきりした原因は分からない。
日常の使用には、さして支障がないので、このまま使っている。


それにしても、日本中全戸に光回線が来ることを望む。
今の我が家は、未だネット難民なのだ。

トップページへ